AGA治療の料金相場

AGA治療の料金相場は、どのくらいかというと、AGA専門治療院の場合は、初期費用が20,000~30,000円で、月額費用が10,000~30,000円くらいです。主な治療内容としては、血液検査、遺伝子検査、プロペシア、ミノキシジルなどの治療薬の処方で、必要があればメソセラピー、HARG療法、植毛などの施術を行います。AGA治療を専門とした医療機関では、一般病院や育毛サロンとは違い、発毛を目的とした治療をしっかり行います。頭皮のカウンセリングから始まり、AGAが遺伝的なものかどうかをチェックするため、遺伝子診断をします。そして発毛を促すさまざまな治療薬の処方により、専門性の高いAGA治療を実施します。その人に合った治療方法をするので、発毛に実感を得ることができます。ただ、治療にかかる費用は、他と比較すると高くなります。一般治療院の場合の料金相場は、初期費用が12,000~15,000円、月額費用が8,000~15,000円くらいです。治療内容は、プロペシアの処方になります。気軽に始められる投薬中心によるAGA治療になります。処方される錠剤が決まっているので、費用はかなり安く済みます。ただ、決まった処方がされるだけなので、自分に合っているかどうかはわかりません。

できるだけAGA治療の費用を抑える方法とは?

できるだけAGA治療の費用を抑えるには、ジェネリック医薬品がおすすめです。AGAの診療は自由診療であり、ED治療やレーシックなどと同じ扱いになります。全て実費での支払いとなるので、AGA治療が長引くほど、大きな負担がかかることになります。AGA治療を継続して行うには、できるだけ、治療費用を安く抑える必要があります。そのためには、通販で薬を購入すると良いです。できるだけAGA治療の費用を抑えたいのであれば、通販で薬を購入する方法です。相場価格は1ヵ月8,000円~15,000円くらいで済みます。通販なら、お医者さんを介さないので、診療代がかかりません。この方法なら、かなり安く治療費を抑えることができます。ただ、具体的に診療をしていないので、自分の髪の毛に合わない薬を買うと、問題が起きることがあります。通販でAGA治療する場合は、まずAGAの薬の情報をしっかり収集する必要があります。AGA治療をする病院には、AGA治療を主とした専門病院とAGA治療が取り扱い分野になる一般病院があります。できるだけAGA治療の費用を抑えたいのなら、専門病院ではなく一般病院を利用することです。

費用・料金が安いクリニックでのAGA治療の注意点

費用や料金が安いクリニックでのAGA治療の注意点は、治療薬にあります。AGA治療にかかる費用の相場は月2万円~3万円くらいですが、発毛治療は自由診療なので、クリニックによって料金は変わってきます。薬の費用や値段の相場はほとんど変わららないのですが、オプションによって費用が変わってきます。それがAGAクリニックの特徴になるので、費用や料金が安いクリニックでのAGA治療に関しては、通常のクリックの一般の皮膚科はおすすめできません。発毛治療費は安いのですが、効果に疑問があるからです。一般の皮膚科での発毛治療は安いのですが、効果は出にくくなっています。AGA専門クリニックとは違い、一般の皮膚科ではその人に合った治療ができないからです。プロペシアとミノキシジルの処方をするだけの治療がほとんどになるので、あまり効果は期待できません。料金は7,000円~16,000円と半額で済むのですが、効果はどうしも出にくくなります。AGA専門クリニックなら、薄毛をどのように改善すれば良いかをしっかり検査しますが、一般の皮膚科では血液検査くらいしかしません。料金は安くなりますが、その人にあった治療はできないのです。

費用・料金以外でAGA治療クリニックを選ぶポイント

費用や料金以外でAGA治療クリニックを選ぶポイントは、効果です。AGAクリニックを選ぶ一番大事な要素は、安さではなく、確実性にあります。そういう意味では、費用や料金だけにこだわるのではなく、効果があるかどうかが、大事な選ぶポイントになります。どれだけ安くても、AGAが治らなければ、意味をなしません。費用面も大事ですが、料金でクリニックを選別する場合、ボッタクリじゃなければ問題ありません。効果の面で、本当に信頼できるクリニックであるかどうかが重要です。最終的に選ぶクリニックは、専門医療機関かどうかがポイントになります。育毛治療は、自由診療扱いになるので、通り一遍の処方しかしてくれない可能性があります。そのため、他の分野と併設して育毛相談を行なっているようなクリニックは避けるべきです。AGAクリニックを選ぶ時は、専門医が居るところに絞ることが大事で、治療や処方に幅があるかどうかです。多くの症例や治療例があるかどうかもAGA治療クリニックを選ぶポイントになります。扱った症例や実際の治療例は多ければ多いほどよく、過去に同じような症例と治療例があれば、それを元に、適した治療ができることになります。